第二期『包括的矯正治療ベーシックコース』お申込開始のお知らせ

更新日:10月20日


 大変ご好評につき、IOS(包括的矯正歯科研究会)の代表 綿引先生による『IOSコンセプトに基づく包括的矯正治療ベーシックコース』の第二期の募集が開始となりました。

 

 第一期にお申込いただけなかった方は、是非第二期へのご参加をお待ちしております。

 

 本コースは、IOS代表 綿引先生が独自に提唱するIOS診断コンセプトに基づく講義とオリジナルのタイポドントを使用した実習などを通して、包括的矯正治療を実践するためのベーシックコースです。





《綿引先生よりメッセージ》

 矯正治療は、単に歯並びをよくする為の治療ではありません。いかにして生体が許容し長期的に安定した咬合を付与する事が出来るかがカギとなります。特に矯正治療の適応力が低下した成人、高い審美要求、歯冠修復、インプラント、エンド領域など多くの問題が含まれた包括的矯正治療においては、矯正治療に十分な経験がある歯科医師でもそのマネージメントは簡単ではありません。さらに、矯正治療には様々な考え方やフィロソフィーが存在し矯正学を学ぶ私たちを迷わせます。  そこでこの度、最新のエビデンスを踏まえた私が考える論理的視点から包括的矯正治療をエッジワイズからデジタル矯正に対する知識と基礎的なテクニックを学んで頂ける年間コースを企画しました。G P・矯正専門医を問わず振るってご参加いただければ幸いです。


《受講をご検討中の方へ》

 本コースでは、ラミネートベニアや補綴、インプラント、歯肉退縮を想定した独自の2種類のタイポドント(こちらで任意に各自1ケース選択させて頂きます)の治療を通じて矯正診断とペリオ、補綴の概念を融合したIOSが提唱する診断〜基礎的な技術・知識を学んでいただけるように企画しております。また、本コースは1年間隔月で企画されおりますが、1ヶ月間のインターバル期間中に個々の受講生のレベルに応じた宿題(ワイヤーベンディング、ボンディングなど)が多く予定さております。さらに最終日には全受講生によるケースプレゼンテーションを予定しております。

*宿題は、受講生のレベルに応じて変わる可能性があります。


オリジナルタイポドント①

オリジナルタイポドント②



本コースの受講対象

1) 以下に該当する一般歯科医

   ①矯正治療における難易度判定を身につけ自身でもレベルに応じた矯正治療を行いたい方(矯正治療の経験を問わず)

   ②包括的矯正治療(矯正治療を取り入れた包括治療)を基礎から学びたい方

   ③矯正専門医との連携をより深めたい方

   ④アライナー矯正の限界を感じ、ワイヤー矯正を学びたい方


2) 以下に該当する矯正専門医

   ①自身の矯正知識を基礎から見直してIOSの提唱する包括的矯正治療を実践したい方

   ②他分野の専門医やGPと連携してIOSが提唱する包括的矯正治療を本気で行いたい方

   ③GPの先生と共に包括的矯正治療の基礎を学ぶ事で矯正治療は飛躍すると考えている方

 

※以下に該当する方の受講はおすすめいたしません※

 1) 自身の矯正診断やメソッドを一切変更したくない方

 2) アライナー矯正のみを極めたい方

 3) 課題や最終ケースプレゼンを行うことが何らかの事情で難しい方

 4) 矯正専門医と一切の連携を望まない一般歯科医

 5) 一般歯科医に対して敬意を払えない矯正専門医

 6) 基礎や根本の理解を飛ばして、手っ取り早く自身にとって必要な知識だけ学び方

 7) IOSのコンセプトや本コースの主旨に賛同出来ない方

 8) O-PROの術式だけを学びたい方

(※今後、ベーシックコース修了者を対象としたアドバンスコース内でO-PROコースの企画を予定しております。)


 

包括的矯正治療は、矯正専門医のみならず一般歯科医にとっても新しい分野の学問であると

IOSでは考えております。本分野は、矯正歯科と歯科治療の双方の可能性を大きく広げる可能性があると同時に技術の習得には相応の研修が必要となります。本コースでは、少人数制で無理なくしっかりと学べるコースを目指しております。GPと矯正専門医が一緒に学ぶ事で化学変化が

多くの皆様のご参加をお待ちしております。なお、ご案内は先着順となります。









閲覧数:118回0件のコメント