第三期『DIP コンセプトに基づく包括的矯正治療実践ベーシックコース』お申込開始のお知らせ

更新日:11月15日




IOS(包括的矯正歯科研究会) 代表 綿引先生による『DIPコンセプトに基づく包括的矯正治療ベーシックコース』は、早くも来年度開催の第二期は満席となりました。お申込みいただき誠にありがとうございました。 

つきましては、第三期の募集を開始いたしましたので先行でご案内いたします。



*こちらはIOS会員向けの先行案内です。

お申込みは先着順となります。皆様のご参加をお待ちしております。

*1週間後の一般募集後は、毎回2〜3週間程度ですぐに満席になってしまいます。また、既に2期からのキャンセル待ちの方もいらっしゃいます。予めご了承ください。



 


”矯正治療に コンセンサス&新たな可能性をもたらす

綿引先生の提唱する”包括的矯正治療™️”が学べる新コース


 本コースは、IOS代表 綿引先生が独自に提唱するDIP*診断コンセプトに基づく講義とオリジナルのタイポドントを使用した実習などを通して、包括的矯正治療を実践するためのベーシックコースです。

*DIP法とは、綿引先生が提唱するデュアルインサイザルポジショニング法を指します。

デュアルインサイザルポジショニング法に関する詳細はこちら










閲覧数:29回0件のコメント