ロゴ.png

新型コロナから歯科医療を守れ!! 

最終更新: 5月6日




いつもIOSホームページをご覧いただきありがとうございます。 新型コロナウイルス(COVID-19)収束の見通しがつかない現在、歯科医療は戦後最大の危機を迎えております。

 

 一部のマスコミやSNS等で、歯科特有の感染対策や歯科治療に対して専門的な知識が無い他分野の医学関係者およびコメンテーターの方々が不正確な知識や短絡的な情報を発信しております。これらの現場と異なる情報によって歯科医療の現場は大変混乱しております。

さらに不確実な偏った情報によって、歯科医療従者やその家族は偏見にさられているとの被害も我々に届いております。

*歯科医師以外の如何なる医師も歯科医療の専門家ではなく、医師は、法律によって歯科医療を行うことは出来ません。


 歯科疾患の基本は、予防、早期発見、早期治療です。


 歯科の治療は、専門外の方が考える以上に複雑かつ繊細な専門的医療行為です。

不要不急の判断は個々の患者様の病状によって異なります。


つまり、歯科治療の自粛の可否に関しては、マスコミや患者様および専門外の医師が判断すべきではありません。


 コロナ問題の長期化に備えて総合的な治療計画を考えられる担当歯科医師が判断するべきであると考えております。


 日本の歯科医療は、個人開業医が支えてきました。我々が倒れた場合、今後の歯科医療体制は崩壊の危機を迎えます。今、まさに歯科医療の真価が問われる時期です。 そこで、IOSで 、歯科医療崩壊の危機と立ち向かうべく

“Save The Japanese Dentistry” プロジェクトを立ち上げました。


 現在IOSでは国内外の新型コロナウイルスと歯科医療に関連する論文を精査しております。同時に、IOS独自の情報網を使い調査をおこなっております。少しでも新型コロナウイルスと戦う全国の歯科医院および患者様の力になれればと考え、我々の見解を配信させて頂く事としました。我々の情報や見解を自身のスタッフや患者様へお伝え頂き、長期的視点に立った情報を伝えて頂ければと思います。また、現在の状況は、クリニックの立地やスタッフの健康状態その他によって明確な答えは見出す事が難しい状況です。

 しかし


 従って、以下の問題を冷静に分析し周囲の行動や発言に過度に踊らされれないように個々のクリニックの状況に応じて冷静沈着に行動してください。

 


コロナ問題で歯科医院が直面している問題

 1 感染症蔓延防止の対策

 2 物資の不足

 3 マスコミ等による不安を煽る不確かな情報による偏見

 4 患者減少による経営危機・倒産危機


我々がしなければならない行動

 1 信頼性の高い情報を元にした最善の感染対策を行う

 2 冷静な判断をもとに限られた資金を有効に使う

 3 経営危機に備えて、現金保有を高める

 4 自身とスタッフの健康管理を徹底

 5 リーダーシップを発揮しスタッフの士気を高める

 6 長期化に備えてコロナ時代に合わせた診療計画を患者に提案する

   例 分散通院 


 今は、戦争状態です。我々は、我々が信じる歯科医療を大切な患者様に永続的に提供する使命を胸に命をかけて勝ち残る必要があります。


 (アフター)コロナ時代は、従来までのあらゆる価値観が大きく変わる可能性があります。今までの日本では、他の先進国に比べて歯科医療の価値は過小評価されている時代が続いておりました。


 歯科医療には、患者さんのQOLを高め、人生を大きく豊にする無限の可能性があります。

 今こそ、歯科医療の価値を世界レベルに高めるチャンスでもあります。

ピンチは、チャンスの到来でもあります。

 今こそ立ち上がりましょう!!


IOS 緊急コロナ感染調査 

対象 都内2500件 及び 神奈川県内663件 開業歯科医院 

IOS(包括的矯正歯科研究会)では、某歯科ディーラー様からのご協力を歯科医院のコロナ感染数の実態を緊急調査を行いました。


(都内歯科医院 2500件の調査結果)  4月11日時点

  • コロナ感染が発生したクリニック・・・1件(2,500件中)調査件数のo.o4%  

  • 自粛で休診しているクリニック・・・約100件(2,500件中)調査件数の4%

  • 診療時間の短縮しているクリニック・・・約500件(2,500件中)調査件数の20%


(神奈川県内歯科医院 663件の調査結果) 4月24日時点

  • コロナ感染が発生したクリニック・・・ 0件(663件中)調査件数の0%  

  • 自粛で休診しているクリニック・・・・ 9件(663件中)調査件数の1.3%

  • 診療時間の短縮しているクリニック・・ 54件(663件中)調査件数の8.1%


 1年間で日本人が交通事故にある確率は、約0.9%であるとの調査結果があります。(※3)これらを比較すると、歯科医院内での感染率の低さをご理解いただけるかと思います。(※2) ちなみに上記のコロナ感染クリニックは4月11日現在休診となっており、感染発覚から2週間経過してますが、同院のスタッフ、患者様には感染者は1名も出ていないとのことです。 また、その後の調査によると、上記の患者様はクリニックとは関係ない場所で感染した可能性が濃厚のとのことでした。 (もちろん、最終的には歯科医療従事者が一般の方や他の医療従事者と比べて感染率がどうだったかに関しては注目していく必要があると考えております。)


======== 歯科医療従事者の方々へ  現在IOSでは、"Save The Japanese Dentistry” プロジェクトにご賛同いただける歯科医院や組織団体を募っております。 今後、本プロジェクトでは、海外の最新の論文を精査して、長期的な視点に立ち冷静に行動が出来るような情報をIOSのHP、Facebook、ブログ等で発信していく予定です。  大切な患者様とスタッフを守るため、本プロジェクトが示す以下の条件にご賛同できる方は、ご自由にIOSが示す新型コロナウイルス対策およびその*新型コロナウイルス(COVID-19)に関しては、現在のところ信頼性の高いエビデンスを得ることは出来ておりません。 そのため、現在までの知見から出来るだけ迅速かつ信頼性の高い情報収集が求められます。また、急速に状況が変化している現状において、我々の配信情報も適時更新されてしていく可能性も十分ございます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。他指針、ロゴ等をHP、ブログ、院内掲示などご自由にお使いください。


*新型コロナウイルス(COVID-19)に関しては、現在のところ信頼性の高いエビデンスを得ることは出来ておりません。 そのため、現在までの知見から出来るだけ迅速かつ信頼性の高い情報収集が求められます。また、急速に状況が変化している現状において、我々の配信情報も適時更新されてしていく可能性も十分ございます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

*IOS代表のコロナ時代の歯科医療への提言・情報等 

以下のブログ内容も各医院の考えに合わせてご自由に参考いただければ幸いです。

https://teeth-alignment.jp/blog/academic-activities/338.html

https://teeth-alignment.jp/blog/academic-activities/686.html



▼ご賛同条件▼ ・今できる事をよく考えて冷静沈着に行動する ・自身のクリニックから一人も感染者を出さない強い覚悟を持つ ・危機を煽る様々な情報を冷静に判断し行動する ・万が一の場合には、自粛等の引く勇気を持つ ・生涯をかけて歯科医療の信頼・発展向上のために行動する


賛同希望のクリニック・組織団体は、こちらへ連絡下さい

*順次賛同クリニック・組織団体の想い(50文字以内)とクリニック名、HPアドレスを掲載予定です。 ロゴのダウンロードはこちら



========= IOS(包括的矯正歯科研究会)

IOS “Save The Japanese Dentistry” プロジェクト発起人

綿引(代表)田治米・榊原(副代表)行田、内藤、小野、高山、笹生、鬼塚、平沼、松田、鈴木

=========

Save The Japanese Dentistry  

賛同クリニック・団体 List & Message  


AQUA日本橋DENTAL CLINIC 

(メッセージ)

歯科医療の価値観が変わる予感! 今こそ、歯科医療の真価が問われるとき! 

さかきばら歯科 

(メッセージ)

 コロナを経験し、世界は大きく変化します。その中で真に価値のある歯科医療を提供していきたいと思います。

友和デンタルクリニック 

(メッセージ)

今こそ日本の歯科医療の本質が問われる時です。万全の感染対策を行い、医師自身やスタッフも治療を受けたいと思える院内環境の安全性の向上に努めます。

さとみ矯正歯科 

(メッセージ)

コロナウィルスに負けず、安心で最高の歯科医療を提供し、池袋から皆様の笑顔を守っていきたいと思います!

むね歯科クリニック 

(メッセージ)

「コロナウイルスは粘膜から感染します。口腔粘膜を担う私達は続発する肺炎の重症化防止を進めて参ります。」

新百合ヶ丘南歯科 
(メッセージ)

 歯科医院として、医療の本質である疾病予防、感染に引き続き尽力いたします。

TK海浜幕張デンタルクリニック
(メッセージ)

こんな時にこそ、歯科医院は感染対策を見直し、より安心して医療を受けられる環境を作れると思っています。

なんぽ歯科クリニック 新百合ヶ丘
(メッセージ)

 歯科医院こそが感染症対策の模範となり、患者様へ安全で上質な治療をご提供できるよう努めて参ります。

仁愛会歯科武蔵小杉クリニック

(メッセージ)

 歯科がもつポテンシャルに期待しています。スタッフと患者の安全を第一に考える歯科医院でありたいと考えています。

望月歯科

(メッセージ)

 日頃からの口腔ケアが感染症を含めた全身疾患の予防に大変重要です。 私たちは今後も予防に重点を置き、皆様の健康向上に努めてまいりたいと考えております。

式会社 イザワ・オーソ・プレイス

 (メッセージ)

 技工所の環境を整え、消毒作業を徹底しております。安心安全な装置を提供することを第一に考え、努めてまいります。


仙台東口矯正歯科

(メッセージ)

日本の歯科医療の価値が損なわれないように、患者さんが安心して通院できるように感染対策を徹底します。』




以上 順次賛同クリニックを更新して行きます。

 






http://www.sendai-ortho.com/?fbclid=IwAR1PVg1DEo49aSdATXMm1n8BuQt7W5WEAYYz2ARls4hgT95qSKtLYfBKC0g


【参考文献】

※1 :https://www.nytimes.com/interactive/2020/03/15/business/economy/coronavirus-worker-risk.html

※2:2020年4月11日時点 IOS(包括的矯正歯科研究会)による東京都内の新型コロナ影響の緊急実態調査(協力 都内歯科ディーラー)

※3:https://交通事故慰謝料.cc/traffic-accident/probability/

※4:

1)Current Oral Health Reports (2018) 5:221–228Cross-transmission in the Dental Office: Does This Make You Ill?

2)口腔衛生会誌 J. Dent. Hlth. 49; 21-29,1999  男子歯科医師の死因別死亡率に関する研究



 


276回の閲覧

最新記事

すべて表示

IOS発足記念講演会 延期のお知らせ

新型コロナウイルスによる影響を受けている皆様方に心よりお見舞い申し上げます。   新型コロナウイルス問題に関しましては、未だ先を見通せない状況が続いており、翌年1月の状況もまた予想がつきません。本企画の実行に際し準備委員会において様々な観点から検討しました結果、この度発足記念講演会を延期することと決定しましたのでここにご報告申し上げます。非常に無念で苦渋の決断ではありましたが、ご理解の程何卒よろし

copyright © 2019 Teeth Alignment Global All Rights Reserved.