IOS とは

 

 

矯正歯科治療には素晴らしい可能性があります。

一方、様々な歯科的問題を抱えた患者さんの場合には矯正治療のみで治療は困難です。

IOSでは、矯正歯科治療が本来目指した志(審美・歯周組織の健康・口腔機能の向上)を追求し包括的歯科治療の知識と技術を矯正治療に融合させることによって患者さん本位の矯正歯科治療の普及と同分野の歯科医師の育成を目指します。

活動内容​

 

新たな歯科専門分野として“包括的矯正治療®️”と定義し、ワイヤー矯正、アライナー矯正、デジタル矯正など矯正装置のジャンルを問わない矯正歯科治療と他の歯科分野を融合した包括的矯正治療治療に対する学術的コンセンサスを世界に先駆けて確立して行く事を目指す。

​ミッション

 

1)矯正治療で一人でも多くの患者さんを幸せにする

2)デュアルインサイザルプランニング法(DIP法)を用いた、綿密な包括的治療計画から導き出されたDATAから算出された

 セットアップモデル(治療計画の具現化)を行い、個々の患者に応じた真のオーダーメイドな矯正治療を実践する

 *DIP法とは、https://www.quint-j.co.jp/web/keyword/keyword.php?no=40522

3)”Watahikiの12の理想の鍵”を理想の治療目標として

  矯正歯科治療本来の意義である以下の4つの目標達成を目指した矯正治療を推進

   1 調和の取れた顔貌(審美的改善)
   2 咀嚼機能の向上(機能的改善)
   3 治療後の安定した歯列・咬合(最小限の保定によって維持される咬合)
   4 歯周組織・歯の健康を促進・維持

4)ワイヤー矯正、アライナー矯正、デジタル矯正など矯正装置のジャンルや成人・小児矯正など対象患者年齢を問わず 

  全ての矯正歯科治療に対し正しい使い分けを提言し患者利益のみを追求した研鑽を行う

5)矯正歯科治療および包括的矯正歯科治療に対する医学的に信頼できる情報を国民に対し発信する
6)同分野の臨床研究グループを組織し、臨床研究を加速させる

発足経緯

 

◆ IOSのルーツと発足経緯 

 IOSのルーツは、矯正歯科医であった代表の綿引が矯正以外の歯科治療を学び探求するために盟友田治米とともに2008年に発足した“麻布会”にある。その後、麻布会結成10 年を節目に綿引は、本来の彼の専門分野である矯正歯科治療が歯科治療全体の成功や発展にとって非常に大きな役割を持っているのではと考え始める。そして、2018年に麻布会を解散、そして矯正治療の価値を再確認するとともに矯正治療の新たな可能性を探求することを目指し田治米、榊原などの麻布会時代からの有志加え、綿引のもとで矯正歯科学を学んでいた矯正専門医の門下生(Teeth Alignment The Specialistのメンバー)も加え同年、包括的矯正歯科研究会(IOS)を結成

IOS Cental Member とは

 ​歯科医療の究極の形の一つである綿引が提唱する、”包括的矯正歯科治療”を追求するため、臨床観を強く共感できる矯正専門医、一般歯科医、他分野の専門医、技工士と共に2019年2月にIOSの執行部・リサーチグループであるIOS Central Member を結成。

◆包括的矯正歯科を新たな専門分野と定義

 我々は、“包括的矯正歯科”を新たな歯科の専門分野として定義します。そして、矯正治療に様々な歯科分野(歯周再生、補綴、インプラント、エンド、小児歯科分野)を単に加えるだけの従来の包括的歯科治療ではなく、各分野と矯正治療の最適化を図り、相加相乗効果を目指す。  包括的矯正治療・INTERDISCIPLINARYORTHODONTICTREATMENT  商願2017-116767

◆2020年末より一般会員を募集開始

 2020年から一般会員を募集し、2021年1月にIOS発足記念講演会を東京 日本橋にて行う予定です。 

また、IOSの活動は国内の同分野の臨床医の意見交換だけにとどまらず、臨床研究や海外での学会発表、さらには、海外の

臨床医との積極的な意見交換や共同研究など、従来の勉強会のスタイルとは一線を画す一層グローバルな活動を積極的に推進いたします。

​◆沿革

​2008 年        麻布会 発足

2018 年      麻布会 解散 

2019 年 2月    準備委員会( IOS Centarl ) 発足

2020 年〜     事前登録及び会員募集開始 

2021 年 1月  第一回 例会開催

2022 年 9月現在   会員数 約75名

組織構成

 

IOS Public

国内外の包括的矯正治療を学びたい一般歯科医、矯正専門医、その他専門医、並びに歯科医療従事者が一堂に会する学術会議

IOS Central

綿引の臨床観に強く共感し IOS並びにTeeth Alignment Global全体の活動においてサポートする運営執行部・IOSクリニカルコンセンサスを作成

Teeth Alignment The Specialist

会長 :南保 友樹 副会長: 市川 雄大 宮野 二美加

矯正専門医としてより包括的臨床視点と高い専門性と知識を持ち、矯正医療を指導、牽引する専門医の育成を目的として2009年に綿引先生が設立した矯正専門医の勉強会に本会はルーツを持つ勉強会。”包括的矯正治療年間コース”が2022年に開講されてからは本コースのインストラクター教育機関としての役割を担う。

 

IOS Innovation&Research Project

臨床研究の企画・実施や革新的な臨床技術の開発を目指すチーム
協力機関:Teeth Alignment Brain株式会社、Tokyo Innovation Institute株式会社、昭和大学・株式会社ナルコーム、オークランド工科大学、その他
 

IOS Education Project

IOSコンセプトに関するセミナー・臨床支援の企画運営プロジェクト
協力企業:Tokyo Innovation Institute株式会社、モリムラ、ミツバ オーソサプライ、デンツプライシロナ、Teeth Alignment Brain株式会社、EMS社、その他

会員

 

​会員特典
 1)IOS 例会への無料参加(年3回)
  *オープンミーティングへの参加(不定期開催/別途費用)

 2)包括的矯正歯科関連のエビデンス情報の定期配信
 3)例会において症例発表が可能

 4)矯正治療同意書等のコンプライアンス資料
 5)臨床研究への参画
 6)IOS 主催の研修会へ優先案内

 7)その他 

​年会費

 

​入会金  ¥10,000-

年会費  ¥35,000-